広島グルメ旅

広島のグルメ情報をお届けします。

広島グルメ旅

てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)から潜水艦の内部に潜入しました。【広島県呉市】

  • てつのくじら館ってどんな場所?
  • 潜水艦の中ってどうなってるの?

この記事はこんな方に向けて書いています。

どうも、fab5 です♪

前回は海上自衛隊呉史料館のレビューをしました。

前回の記事はこちら↓

www.fab5.work

 

じつは、この史料館の横には本物の潜水艦が展示してあって、中にも自由に出入り出来るようになってるんです!

(まあ、前回も言ってるんですけど)

つー事で、早速潜水艦の中に入ってみましょう!

 それでは行くぞ!

 

とぉーーー!!!

 

 

潜水艦の内部

 

すたっ!!

 

はい!それでは潜水艦の中を紹介していきますね。

入ってすぐ左側には例のトイレとシャワールームがありますね。

 

f:id:fab5:20200209154359j:image

 

まあでも本来は潜水艦っていうのは、上から入る作りになってるはずなので、これは展示用に横から入れるようにしたんでしょうね。


f:id:fab5:20200209154421j:image

 

前回見たのと同じようなトイレです。

一つしかないので、誰かが便秘とか下痢になったらエライ事になりそうですね…

やっぱりケツが冷たいような気がします。

ちゃんと便座ヒーターはついてるのか…


f:id:fab5:20200209154437j:image

 

シャワーも史料館にあったのと同じようなやつですね。

個人的にはプールとか海水浴場についてるようなシャワーと同じ感じがします。

バスタブ欲しいよなやっぱり😅

だいたい何日くらい潜ってるのか気になりますね。


f:id:fab5:20200209154456j:image

 

右に進んで、ふと天井を見上げるとハッチがありました。

本来はここから出入りするんでしょうねきっと。

こういうの見ると戦車の中に入ったみたいでテンション上がりますね~

 

三段ベッド①


f:id:fab5:20200209154518j:image

 

少し進むと左手に隊員達が寝る三段ベッドがありました。

これも史料館とほぼ同じで、ちょっとしたスペースにはロッカーが置いてあります。

一番下にも棚が設置されてますね。

 

調理場


f:id:fab5:20200209154535j:image

 

三段ベッドの対面には調理場がありました。

結構狭いんですけど、ここで隊員のご飯を作るんでしょうね。

なんだかスペース的にここだけでは無い気もします。

ちょっと小さすぎるような…

 

三段ベッド②


f:id:fab5:20200209154550j:image

 

少し進むとまた三段ベッドが置いてありました。

なんかこちらの部屋は赤い電灯が点っています。

潜水艦なので昼も夜もないですが、一応夜を表現するのにこういう所で違いを出してるのかもしれませんね。

もう少し進んでみましょう。

 

士官用二段ベッド


f:id:fab5:20200209154620j:image

 

こちらは士官用のベッドですね。

ロッカーとか置いてない分広々と寝れそうな感じがします。

やはりお偉いさんになるほど住環境も良くなっていくんでしょうね~

 

士官用休憩室


f:id:fab5:20200209154639j:image

 

ベッドの対面には士官クラスの人がくつろぐようなスペースがありました。

テレビも見れるようになっていますね。

普段はずっとここにいるのかな?

 

艦長室


f:id:fab5:20200209193747j:image

 

休憩室的な所を過ぎると艦長室という小部屋がありました。

ちょっと中を見てみましょう。


f:id:fab5:20200209193804j:image

 

艦長室には座り心地の良さそうな椅子と一人用のベッドがありますね。

どうやら艦長だけは一人でゆっくり寝られるみたいですね。

まあ規律を重んじるにはこういうのも必要なのかもしれませんね。

なあなあになってはいけないので。

 

操縦室

 

潜水艦の突き当たりまで進んで行くと、操縦室に辿り着きます。

ここにも潜望鏡はあったのですが人が多くて写真が撮れませんでした😅

ただ、モノとしては史料館にあったものと同じになるので気になる方はこちらの記事をチェックしてみてください。↓

www.fab5.work

 


f:id:fab5:20200209193821j:image

 

操縦席には、実際に座ってパイロット気分を味わえるのですが、先に席に着いたおじさん(すいません)がずっと座っててなかなか席が開きません笑

何やらレバーとか色々続きながら潜水艦を堪能している様子…


f:id:fab5:20200209193843j:image

 

操縦席の横の壁にも何やらバルブとか色々ついてますね。

こういうの見ると天空の城ラピュタの飛行船の内部を思い出します。

何がなにやら分かりませんが変な所つついたらやべぇことになるんだろうな~😅


f:id:fab5:20200209193906j:image

 

操縦席の横にもハンドルがありますね。

二個もハンドル付いてるけど、これってどうなんですかね?

二個もあって変なことにならないのかな…


f:id:fab5:20200209193933j:image

 

壁にもスイッチ的なものが沢山…

どれが何なのかさっぱり分からないんですけど、間違えないのかこれは…

実はこれ、あえて分かりにくくしといて実際は飾りとかなんじゃ…


f:id:fab5:20200209193955j:image

 

で、潜水艦と言えばやっぱりメーターですよね?

何のメーターか分かりませんが壁にメーターがついていました。

と、こんな感じで潜水艦の内部は終わりですね。


f:id:fab5:20200209194014j:image

 

外から潜水艦を見るとこういう風景が見えました。

やっぱり外はいいですね😀

隊員の方も久々に外に出たらこんな感じなんだろうな~

潜水艦を出たらもう一度史料館に戻ります。


f:id:fab5:20200209194035j:image

 

ん?なんだこれ?

史料館に戻るとなんか分かりませんが黄色い何かがいました。


f:id:fab5:20200209194108j:image

 

えーと…

これはなんだろうな~

何かキャラ的なものが出迎えてくれます。

何のキャラ?


f:id:fab5:20200209194129j:image

 

艦番号一覧っていうのもあったので一応写真に撮ってみました。

全部平仮名っていうのはなんかあるのかな?

遠くからでも読みやすいとかそんな感じでしょうかね~


f:id:fab5:20200209194150j:image

 

こちらは海上自衛隊徽章。

こういうバッジでお偉いさんとか見分けるんでしょうかね?

だいたいが金と銀があるので、こういうの見るとついついキン肉マンの王位争奪編を思い出しますね。

ゴールドマンとシルバーマンね。

全然関係ないですけど。


f:id:fab5:20200209194208j:image

 

こちらが実際の徽章。

これってやっぱり本物の金とか銀を使ってるのかな~

売ったら高いんじゃないかとか考えてしまう僕は下衆です。


f:id:fab5:20200209194227j:image

 

これもなんかカラフルでかっこいいですね。

よく分かりませんがこういうの付けてたら隊員達は憧れるんでしょうね!

さて、ここで「てつのくじら館&潜水艦」のレビューは終わりなんですが、ついでに警固屋にある「アレイからすこじま」にもちょっと寄ってみました。


f:id:fab5:20200209194653j:image

 

ここに来ると潜水艦とか自衛隊の舟が泊まってるのが見れるんですよね。

黒い潜水艦がいくつか泊まっているのが分かると思います。

なんかかっこいいです!


f:id:fab5:20200209194712j:image

 

船もこのように何隻かいますね。

こういう船は護衛艦っていうのかな?

ちょっと分からないですけど、マニアには堪らないんじゃないかなと思います。


f:id:fab5:20200209194738j:image

 

潜水艦と船のツーショット。


f:id:fab5:20200209194800j:image

 

港の向かい側には赤レンガ倉庫も並んでます。

やっぱり港と言えば赤レンガ倉庫ですよね!

なんかそういうイメージあります。

 

まとめ

今回は潜水艦内部の様子とアレイからすこじまについてレビューしました。

潜水艦はモノホンなので、ぜひ一度見に来てみてはいかがでしょうか?

無料ですし大人も子供も十分に楽しめる施設だと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!

see you next time!!